2008年02月01日

パンク修理簡単な自転車が特許取得

自転車のパンク修理は大変ですよね。そんな自転車のパンク修理が簡単になる自転車を発明した高校生二人が特許を取得しました。

>>自転車ブログランキング←順位上昇中!現在●位です。


パンク修理が簡単な自転車「タイヤ・チューブ簡易交換自転車」で特許を取得したのは岐阜県の岐南工業高校電子科の二人、田口さんと山田さんです。


アイデアは身近なところから生まれた。2人はクラブ活動が一緒で、ともに自転車通学でタイヤのパンクには悩まされていた。
田口さんは「自分で直すのにも手間がかかるし、修理に出せば、お金がかかる」、山田さんは「簡単にパンク修理ができる自転車があっても良い」と思っていたという。
パンク修理の際、タイヤの軸を固定するフレームが邪魔で、チューブ交換に手間が掛かる。2人は後輪のチューブ交換を簡単にするため、フレームを取り外さなくても済むように、ナットや特殊金具を取り付け、フレーム自体を折り畳めるように工夫した。


どんな自転車でもパンク修理が簡単になると便利ですね。
でも、もともとパンクしない自転車というのもありますね。


釘を刺してもパンクしない!ノーパンク自転車



最新の自転車情報はこちらから
>>自転車ブログランキング


スポンサード リンク

posted by 自転車ブログ at 08:57 | 自転車関連ニュース